Breaking News

Rock

『「河岸忘日抄」より』

9 thoughts on “ 『「河岸忘日抄」より』

  1. それに対して、この『河岸忘日抄』は、 河岸に着岸したままの船を住処とした「彼」の「停滞と逡巡」の物語。 今のぼくは、『岸辺のない海』を航海し続けるというよりも、 『河岸忘日抄』のほうが近しく感じられるところがある。.
  2. ソロ・アルバム『「河岸忘日抄」より』、『舞台のための音楽2』をHEADZから、『Jazz Abstractions』をBlackSmokerからリリース。 映画『乱暴と待機』の音楽および「相対性理論と大谷能生」名義で主題 .
  3. 堀江敏幸著 『河岸忘日抄』(新潮文庫)を読みました。 ** 日本での生活を清算し、一人フランスにやってきた主人公は、以前訪れた際に偶然助けた老人と再会し、彼が所有する河岸に繋留された船に住む .
  4. 『河岸忘日抄(堀江敏幸)』は、図書館で何度も手に取りながら読むことを躊躇っていた一冊。それは、ただただ長編であるという理由から。『いつか王子駅で』も同じく長編。にも拘らず、そのどちらも読んだのは、文庫本になったからだ。堀江敏幸を読むのは、この人の文章が好きだからだ。.
  5. 河岸忘日抄。異国の地フランスで、川岸に止まる船上で暮らす主人公、仕事はせず、読書と音楽にひたり、コーヒーをいれクレープを焼く。会話をするのは彼に船を貸した大家と郵便配達人。読書の引用や妹の思い出が時に語られ、日常の描写から、突然に人生の真理が語られます。.
  6. 『河岸忘日抄』(堀江敏幸) のみんなのレビュー・感想ページです(37レビュー)。.
  7. 河岸忘日抄/堀江 敏幸(小説)のhontoレビュー(感想)ページです。本の購入に役立つ評価やみんなのレビュー(感想)情報が満載。書店で使えるhontoポイントも貯まる。円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。.
  8. 『河岸忘日抄』にはそれ以外のことがほとんど書かれていない。 その感覚を遮るものが何も書かれていない。 ただ世界をたゆたう者としての感覚だけで長編小説が成り立っている。.
  9. (昭和39)年、岐阜県生れ。(平成11)年『おぱらばん』で三島由紀夫賞、年「熊の敷石」で芥川賞、年「スタンス・ドット」で川端康成文学賞、年同作収録の『雪沼とその周辺』で谷崎潤一郎賞、木山捷平文学賞、年『河岸忘日抄』、年『正弦曲線』で読売文学賞、年.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Powered by WordPress | Bootstrap Themes